So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

BMW 5シリーズグランツーリスモ試乗の感想 [新車]

BMW 5シリーズグランツーリスモ グレードはスポーツパッケージですが、
全体的には、いろんな意味で素晴らしい車だと思いますが、試乗した感想を紹介しましょう。

セダンとクーペ&SUVを融合したような、BMWの集大成のようなコンセプトで、
特にエクステリアのデザインは斬新で目立ちます。

内装は7シリーズや5シリーズと同じデザインコンセプトですが、
シートポジションが高い分、パネルの角度やレイアウトなど全て専用デザイン、
この辺りがBMWならではないでしょうか。

デザインセンスは、エクステリア、インテリアともに、他社より格段に良く、
エンジンは、直列6気筒3000ccツインパワーターボエンジンで、
瞬発力には欠けるが静か滑らかでトルクフル、
重い車体をいざとなれば加速させます。

燃費もこのエンジンにしては、十分に納得レベルです。
乗降性や乗り心地、リアシートの足元とリクライニングによる座り心地など、
疲れ知らず、高速での走行安定性も言うこと無し。
ワインディングでスポーツモードにすると、足元の安定感が格段に増します。

共通テーマ:自動車

メルセデスベンツ A クラスの評価 [新車]

メルセデスベンツ A クラスは、メルセデスエントリーとなる
ハッチバックモデルです。

内外装は、カジュアルなものを備えますが、中身はメルセデスの
最新技術が惜しみなく投入されています。

ベンツ A クラスの評価としましては、

 ・AMGモデルが、メルセデスファンには、最も手頃に狙える点にも注目
 ・ A180は、1.6 Lターボの、最高出力は122 ps ですが、
  7速 DCT の効果も大きく、思った以上によく走る
これで十分満足できるでしょう。

共通テーマ:自動車

クラウンアスリートハイブリッドグレードの人気 [新車]

トヨタクラウンでは、クラウンアスリートが、
新時代の魅力のある高級車として、
ハイブリッドグレードを開発し、
たいへんな人気になっています。

ハイブリッドカーは、新開発FR専用ハイブリッドシステムで、
3L カーに匹敵します。

価格面は、 439 万円~606 万円 、燃費面は、 23.2 km/L (JC08モード) です。

共通テーマ:自動車

BMW320i とレクサスISの運転を比べて [新車]

BMW320i は、レクサスISと比べますと、

まず、発進加速やハンドル操作性については、レクサスISよりも、
BMW320iのほうが洗練されているのではないでしょうか。

BMW320iは、車室にいながら路面状況がダイレクトに伝わってくるため、
車を操作している感じが優れているように思います。

その点、レクサスISはコンフォートよりになっていたり、
よくわからない電子制御が介入することがあり、運転している感じが薄いように感じます。

でもレクサスISは、落ち着いて運転でき、安心感が抜群に高いです。

共通テーマ:自動車

第14代クラウンロイヤルサルーン [中古車]

第14代クラウンロイヤルサルーンは、

・3.5リッターエンジン搭載車で、パワフルなエンジン、
 かつスポーツモードを選ぶと、8段ATがエンジンのおいしいところを、
 うまく使ってくれる。

・2,000~4,000rpmのトルクバンドでの反応の鋭さと、
 加速のよさは特筆もので、BMWとメルセデスの中間、
 とでもいうような個性が光る。

というところでしょうか。

共通テーマ:自動車

ハイブリッドカーとビジネス [新車]

クリーンエネルギーと環境保護、その一つとして社有車をハイブリッドカーに替えていく会社が多く、それはプリウスが一番多いようです。
ハイブリッドカーで会社をアピールする、購入価格の上昇分は宣伝費と思えばいいのです。

ビジネス用の車は走行距離が長く、毎日お得意さんを回る営業車なら、低速走行でモーター駆動となるハイブリッドカーが絶対に有利です。
低燃費が直接社有車の維持費を抑えることにつながるのです。

最近はバスなどにも、ハイブリッドカーが登場しています。
これからは省エネを考慮した車でなければ、消費者に受け入れられなくなることでしょう。

共通テーマ:自動車

ランドクルーザー200 [中古車]

ランドクルーザー200系モデルは、世界的に人気のRV車であります。
悪路走行はもちろん、その高い操舵性と安全性、高品質では他社のRV車を相手にしない程であります。
他乗用車などと異なり、長いモデルライフを続けられるのも、市場での高い人気が持続しているからでしょう。

近年、自動車業界においても安全、環境対応は必須の条件になっており、200系ランドクルーザーはどう進化したのでしょうか。

インテリア、内装では前モデルの100系と同じ「SUVのレクサス」というイメージを受けます。
上級グレードの「AX Gセレクション」は、本皮シート装備で、RV車といっても十二分に高級車と言えるでしょう。
日本車でありながら、室内空間もかなり広く設定されており、普段はあまり使用されない3列目シートも少々姿勢に難はあるが十分実用できます。

100系よりも更に丸みを帯びた感じを受けますが、堂々たるスタイルは「ランクル」と一目で認識できます。

エンジンは100系と基本的に同じ4.7リッターのV8エンジンを搭載し、パワーは288馬力と53馬力増となって、他車種のV8エンジンを搭載しているクラウン、マジェスタなどの高級車と比べても、静かで滑らかであり、とてもRV車の域では無いと感じる程であります。

共通テーマ:自動車

ポルテでドライブと花を楽しむ [中古車]

もうすぐ、愛着のあったトヨタのポルテとはお別れ・・・。
ポルテに乗って国内旅行のドライブをする魅力の一つには、景色や空気から季節の移ろいを感じられ、季節ごとに雰囲気を変えて楽しませてくれるということがあります。
ここで季節ごとの花を見られる道路を紹介します。

●むつはまなすライン(青森県むつ市~野辺地町)
国道279号の沿道には、初春には菜の花畑が見られ7月初旬になると自生のハマナスが満開になります。
ちなみに国道279号は北海道と青森県を走っていますが、むつはまなすラインは青森県側の道路です。

この他にも花がたくさん咲いている道路はあちこちにあります。
例えば、ひまわり街道(長野県平谷村)、コスモス街道(長野県佐久市)とか、房総フラワーライン(千葉県館山市~南房総市)がいいですね。

自動車旅行では通過点でしかない道路かもしれませんが、時には自動車を止めて、今とくに気になっている季節の花を眺めて見るのもよいかもしれません。

共通テーマ:自動車

ランクル100の魅力 [中古車]

現在は200系も発売され、相変わらず好調な売れ行きですが、200系の前モデルである100系も未だ中古車市場では人気も高く高価格で販売されています。
100系が販売、モデルチェンジされたのは1998年1月ですが、前モデルは60系となります。

・100系の魅力
ランクルは数多いRV車の中で、その価格からも伺えますが、機能面や安全性でも最高級クラスと言えます。
100系は伝統のある悪路走破性、機動力、耐久性を更に進化させ、又、プレステージ性や安全性についても最高品質を実現しています。

RV車としての機能も十分ですが、どちらかと言うとSUVを意識したモデルではないでしょうか?
こだわりを持ったユーザーに好まれ、愛用されていますね。

悪路走行を楽しみたいユーザーにも、街中クルーズを目的としたユーザーにも高い評価を受けており、この先も長く人気を持続するでしょう。


共通テーマ:自動車

中古トラックにも様々な法規制 [中古車]

中古トラックにも様々な法の規制が入っています。
車種、年式、燃料など、その全てにおいて、自分が必要とする使用形態を満たしているか、判断しる知識と目を養ってください。
地域により規制も違います。
契約して、その後何年使用できるか、確認する事は重要なポイントです。

共通テーマ:自動車
前の10件 | -